食事制限によるダイエットで失敗しないための12のポイント

食事制限によるダイエットは確かに王道!ただ、何も考えずにやるのは失敗の元となるのでぜひ知っておいてほしい12のポイントをまとめました。
MENU

食事制限ダイエットで重要な12のポイントとは?

食事制限に悩む女性

 

ダイエットというと色んな方法であったり、
ダイエットグッズが山ほど出回っており、
新しいものもどんどんどんどん出てきています。

 

そして、多くの人がそういったものに期待して
は失敗や成功を繰り返しているわけです。

 

そんな中で’’食事制限’’によるダイエットというと
かなりオーソドックスなダイエットを方法な印象があります。

 

しかし、この食事制限をともなうダイエットは
最もダイエットの本質的なところであり、
しっかり実践すれば最も効果的な方法になりえるのです。

 

ただ、実際には食事制限を伴ったダイエットで
失敗したという人は少なくないです。

 

また、なぜ食事制限によるダイエットで
失敗してしまう人が多いのでしょうか?

 

食事制限ダイエットで失敗する理由って?

ダイエットを成功させるための仕組みは実はとてもシンプルです!

 

それは摂取カロリーを消費カロリーが
上回れば良いだけ!それができれば誰でも確実に痩せます。

 

そんなのわかっているよ!!

 

・・・と怒り出す方もいるかもしれませんが、
どうしてそんなシンプルなことなのに失敗する人が多いのか?

 

1つの理由としては’’単に食事量’’を
減らしただけのダイエットをしてしまっていること!

 

特に極端に食べる量を減らすことで
脂肪どころか筋肉まで落としてしまい、
結果として基礎代謝の低い太りやすい体質になってしまいます。

 

また、急激な食事制限はホメオスタシスと
呼ばれる人が生命活動を維持しようとするはたらきから
脂肪を余計に溜めこもうとするはたらきをします。

 

さらにそういった食事制限は強烈な
ストレスとなり継続できず、成功しても
後ほどのリバウンド原因にもなりかねません。

 

当然健康的にも良いわけがありませんしね・・・・

 

また、量を減らすことにともない栄養バランスが
乱れてしまうのもダイエット的に良くない方向にいきます。

 

脂肪燃焼にも栄養素は欠かせませんし、
筋肉を維持するためにも栄養は欠かせません。

 

ここが欠落することでダイエットの効率が
落ちる上、太りやすい体質を作り上げてしまうわけです。

 

こういったところで、食事制限ダイエットは
ある程度の知識をもった上で取り組まないと失敗する
要素だらけのダイエット方法になりかねないのです。

 

ただ食事制限ダイエットは効果大!?

ただ、そんな食事制限によるダイエットは
運動等をするよりも効果的な方法ではあります。

 

そもそも運動で消費するカロリーは
その人の基礎代謝にもよりますが、
例えばジョギングを40分したとしても、約200キロカロリーと
せいぜいおにぎり1個分程度・・・

 

ただ、仮に食事制限ダイエットで
現状より300キロカロリー減らすだけで
1ヶ月で10000キロカロリーも減らすことができるわけで
それを運動で消費しようとすると30〜40qも走らないといけません。

 

こう換算しただけでも運動をやるよりも
楽だし効果的な感じがしませんか?

 

食事制限ダイエットをやる上での12のポイント

ここからは食事制限ダイエットの成功率を上げるために
ぜひ知っておいて頂きたい12個のポイントについて紹介させて頂きます。

 

@間食は基本控えるのが前提

お菓子

 

お菓子等は特にですが、
糖質が多く含まれるものが多いです。

 

血糖値を上げることはダイエットの大敵ですし、
一度クセになるとちょっとだけならという甘い気持ちが
切り離せなくなるのも問題!

 

それであればいっそのこと一切を断つのをおすすめしたいです。

 

Aカロリーの高い飲み物に要注意!

ジュース

 

よく飲み物ならいくらでも飲んで良いと思っている
方がいるようですが、飲み物にも糖質は含まれており、
ダイエットの大敵になりかねません。

 

空腹感を満たしたいがため
というのはわかりますが、特に
ジュース、清涼飲料水やお酒類は危険です。

 

ジュース等は糖質や甘味料のかたまりですし、
アルコールも糖質が多く含まれます。

 

特に毎日飲む習慣のあった人はきついかも
しれませんが、せめて量や頻度は減らさないと
一生ダイエットは成功しないでしょう。

 

B炭水化物は基本少な目に

炭水化物

 

ご飯やパスタといった炭水化物中にも当然
エネルギーとなる糖質が多く含まれています。

 

もちろん、炭水化物は必要な栄養素なので
0にするのはおすすめできません。

 

あくまで現状よりも少なく設定して、
続けていくことです。

 

Cタンパク質類もしっかり摂る!

タンパク質

 

食事制限をすることで、脂肪だけでなく
筋肉も燃焼されてエネルギーとされてしまいます。

 

その減った分の筋肉は新たに体に
生成してもらわないといけないわけですが、
その際に欠かせない材料がタンパク質です。

 

筋肉は基礎代謝を維持するためには
絶対に必要な栄養素なので、
しっかり摂取しましょう。

 

場合によってはプロテインを
使っても良いかもしれません。

 

D食事回数

食事回数を増やした食事

 

基本的には1日3食をきっちり摂る
ことは食事制限のダイエットでもやって頂きたいです。

 

ただ、もしできる方はその回数を
1回あたりの食事量を減らして4回とか5回に分散してもらうとなお良いです。

 

1回あたりに食べる量を減らすと
血糖値が上がることを抑えられますし、
食間を短くすることで、空腹感によるストレスも緩和できます。

 

1日2回とか1回にすると逆に血糖値は
すごく上がりますし、ホメオスタシスのはたらきで
脂肪を体にたくさん溜めこもうとするのでおすすめできません。

 

よく1食置き換えるダイエット製品等がありますが、
それもやりすぎは厳禁です。

 

ただ、青汁等の栄養が十分に摂取できる
もので置き換える場合は良いかもしれません。

 

青汁だとすっきりフルーツ青汁と呼ばれるものが
色んな飲み方をすることで美味しいと話題になって
いるし、楽しく食事回数もコントロールできるかもしれません。

 

⇒すっきりフルーツ青汁の味は薄いしイマイチ!?美味しい飲み方ランキング

 

E食事を食べるタイミング

食事するタイミング

 

単に食事を制限するだけでなく食べるタイミングを
考えてダイエットするとより効果的です。

 

そのおすすめの食べるタイミングとは
血糖値が低くなるタイミング。

 

例えば朝だったら6〜7時くらい、
昼なら10〜11時くらい、そして、
よるなら16〜17時くらいがその時間帯です。

 

正直その時間で食事できる人は少ないかもしれませんが、
血糖値の低いこのタイミングで食事をすると、
摂取した脂質や糖質がすぐにエネルギーに変換されるため、
脂肪になりにくいんです。

 

また、食べる量についても
エネルギー消費の多い朝や昼は多めにして、
その後寝るだけの夕食は少なめにした方が
それだけ脂肪は溜めこまれにくくなります。

 

F食事の順番にも工夫を!

食事

 

食事の順番を工夫することでさらにダイエットを
効率的に行うことができます。

 

まず、サラダ等で食物繊維が豊富な野菜を
食事の最初に食べます。そうすることで血糖値の上昇を
抑え、さらに脂質や糖質の吸収も抑えることにつながります。

 

その次にお肉等のたんぱく質を摂ることで、
食事制限したことによる筋肉量の減少を抑えながら
ダイエットをすることができます。

 

炭水化物は一番最後ですね!

 

G食事中の咀嚼回数を増やす

よく噛んで食べる女性

 

やはり食事制限をすることで空腹感というのは
ダイエットの上で避けては通れないところだと思います。

 

これを少しでも抑える手段としては
食事中の噛む回数を増やすこと。
また、食事に時間をかけることです。

 

咀嚼は満腹中枢を刺激して満腹感を
もたらしてくれます。

 

また、満腹感をもたらすホルモンとして知られる
「レプチン」という物質が食事開始後20分後に分泌されます。

 

そのため食事の時間でもできれば30分ほど
もうけておくことで、少ない食事量でも満腹感を
得ることができます。

 

H野菜をたくさん食べるは危険?
野菜

 

食事制限をともなったダイエット中に
野菜を代わりにモリモリ食べるという方がいます。

 

ただ、これは実は少し危険で、
野菜にもそれならりに糖質が含まれているからです。

 

なす、ニンジン、じゃがいも、トマト等の野菜は
甘みをもつ野菜ですが、あれは糖質が豊富な証拠!

 

もちろん、糖質の少ない野菜もありますが、
野菜だからといっていくらでも食べていいわけではないんです。

 

I避けては通れない最初の数週間の我慢

食事を我慢する女性

 

上述のようにいくつかの工夫を重ねても食事制限に
よるダイエットはそれなりにつらいですし、特に
最初の数週間はきついと思います。

 

これもホメオスタシスの関係で、
体が生命維持しようとするはたらきから拒否反応をしているわけです。

 

結局このスタートの山場は乗り越えなければいけず、
ここでは多少の我慢というのが必要!
だということは知っておいて頂きたいです。

 

J摂取したカロリーはしっかり記録する

記録

 

できれば毎日摂取したもののカロリーというのは
しっかり記録しておくのがベターです。

 

その日どれくらいの摂取量があったのかを
自分でちゃんと把握しておくことで、食事を
コントロールしやすくなります。

 

ちゃんと目標としていた摂取カロリーを
満たして、逆にあとどれくらい食べれるのか
把握できた方が変なストレスを減らすことにもなります。

 

K軽い運動を取り入れるとなお良し!

運動する女性

 

食事制限ダイエットをしっかり行っていれば
必然的に基礎代謝も上がり、脂肪燃焼しやすい状況になります。

 

そのため、軽い運動でも多くの脂肪を燃焼することが
できますので、それを生かすとなお良いでしょう。

 

ただ、ここで無理をしては、変なストレスとなり
続かなくなるので、あくまで自分が継続できる範囲で
取り入れることが大事です。

 

まとめ

以上が食事制限ダイエットを行う前にぜひ知っておいてほしい
12個のポイントでした。

 

ちょっと数が多いので全て取り入れるのは
なかなか大変かもしれませんが、知っておくだけ
でもその後の取り組み方が全然違いますし、
まずはできるところから実践してみてはいかがでしょうか?

 

皆さまのダイエットのご成功を祈っております!

 

このページの先頭へ